2005年09月02日

おすすめ無料情報

必見!おすすめの無料!プレゼント情報

<収入発表のコーナー!>

8/31の収入はアフィリエイトから5,012円!でした。
9/1の収入はアフィリエイトから3円!でした。
8月度のNET収入は全部で41,362円!でした。

まあまあのお小遣いになりました!

あってもなくても、私のうそ偽りない収入 情報を毎日公表してゆきます!

もっと収入を得ているBLOGこちら


ヤフオクで購入した情報です。

お好きにお使いくださいね!

《商品券の入った当たりチョコを見分ける方法》


もちろん当り自体は少ないのですが、上手く"当たり"に出会えば、ほぼ当てることが出来るるばずですよ。
まずお目当てのチョコ売り場に行き、箱を持ちます。
(この時、必ず表面にキャンペーン中と書いているのを確認し持ってください。たまに古いものでキャンペーン中のものでないものが店頭にあることがあります)
実は当たりのチョコの箱の中には、商品券が三つ折に畳まれ小さな袋に入って、チョコの上におかれているんです。ですので箱を上から少し強めに押してみて、チョコレートのつぶつぶの感触があればハズレ(チョコレートだけ)です。

当たりであれば商品券があるため固い感触、つまりつぶつぶの感触がなければそれは商品券が入っている箱だということです。
なお「商品券入り当たり箱」は 現在進行中で、なくなり次第終了の期間限定版なのでお急ぎ下さい!
(注意:地域によってはキャンペーンが既に終了しているおそれがあります)他は期間限定ではないですが、同様に『当たり』をずばり的中させる裏技です。

《スクラッチカードで当たりを引く方法》
スクラッチキャンペーンというのがよくやっていますが、運が無い人はほとんどハズレてしまうのではないでしょうか。
ですが、運ではなくこれにも当たりとハズレを判別する方法がちゃんとあるのですよ。
この方法が成功できるのがスクラッチカードを選ばせてくれるお店に限ります。
(勝手に店員がカードを渡して自分で選べない店では出来ないのでご注意下さい。)
大体おわかりだと思いますが、そう重要なのは他のと少しでも違うカードを見つける事です!
あたりのカードとハズレのカードはそれぞれ印刷のラインが違うため、仕上がった製品にも多少の違いが出てきます。
(例えば、文字のずれ、不慮の印刷ミス、色の違い、不自然なゆがみ等です)
普通に見ただけでは区別が付きにくいのですが「多数派のはずれ」と「少数派の当たり」に分かれるのです。
一番大きな違いが生じる『ずれ』について、ここでご説明いたします。
手順:まず、カードを10枚程度持ってトランプの様に横に均等な長さでカードが見えるようににスライドさせます。
同時に他のカードとずれているカードを判別していきます。(通常1mm以下)
これをもう一度他のカードと他の違いを比べてみて、やはり違っていたらあたりの可能性が大きいです。
この方法は年々機械の精度が上がっていき、サーチするのが大変困難になってきました。
ですが100%という自身はありませんが、普通に選ぶよりもかなりの確率で当たりを引くことが出来ます。
またご自身がスクラッチキャンペーンをしているお店にお勤めの場合は、暇をついてゆっくりとサーチしてみることもオススメ致します。
●ご注意下さい!
この方法はご自分でカードが選べれるお店でしか使えませんが、あまりに長時間選び続けていると他の方やお店の方に大変ご迷惑になってしまいます。
ですので他のお客様がいる場合はササッと選んでササッと帰りましょう。

《宝くじを当りやすくする裏ワザ》
まず「年末ジャンボ宝くじ」に集中してみよう。このくじは、当たる数字が不思議と決まっているのだ。
本来、それぞれの数字の目が出る確率は10分の1のハズだが、万の位の 「5」はほぼ5分の1の確率だ。
次に多いのが万の位が「7」だ。この2つの数字を絶対にはずさない事が大切だ。
次に、1等の出る売り場は、ほぼ決まっているのでここで買うと当たりの確立「大」です。
(1) 大阪駅前第四ビル特設売り場
(2) 東京西銀座デパートチャンスセンター
(3) 名古屋名鉄百貨店正面チャンスセンター
(4) 東京池袋東口西武線駅構内売り場
(5) 第一勧業銀行広島支店

【チョコボール判別方法!】
新しいチョコボールも、原理は(理屈)同じです。
まず初めに、エンゼル付きのパッケージ(当たり)とエンゼルなしのパッケージ(はずれ)識別の原理とその根拠について説明します。
エンゼル付きとなしのパッケージの違いはと言うとエンゼルがついているかいないかです。(当たり前ですが)
しかし、その当たり前のことがもっとも重要なのです。
チョコボールのパッケージを展開してみますと、天面、側面、底面、くちばしがすべていったいとなっています。
つまり、一枚あの紙から作られていることがわかります。
エンゼルマークに使われている金色や銀色ははずれのパッケージには使われていない色です。
それは印刷工程において別なラインを通っていることの証明になります。
印刷→裁断→組立は当たりとはずれで別のラインで行われ最終的な箱詰めの段階で混ぜて出荷されるのです。
印刷のラインが違うため、仕上がった製品にも多少の違いが出てきます。
普通に見ただけでは区別が付きにくいのですが「多数派のはずれ」と「少数派の当たり」に分かれるのです。エンゼルマークをゲットするにはそこを狙うのです。
それでは違いが現れやすい場所を紹介します。

《裁断時のバリ》
パッケージを打ち抜く際、最後に切り取られる部分にバリが出きます。
これは天面や側面の糊付け部分にあることが多いです。
このバリの位置が当たりとはずれでは若干ずれていることがあります。
若干のずれですので、普通に見ただけでは気づきません。
7〜8個手に取り、そろえて斜め上から見るとわかりやすいでしょう。

《賞味期限の印刷》
印刷されている位置、文字の大きさや太さが違っていることがあります。
これも数個を一緒に持って見比べると一目瞭然です。
賞味期限の日にちが違うものが混ざっていることもありますが、これは販売店側が残り少なくなったカートンのチョコボールを、まだたくさんの余っているカートンに移し替えたからだと思われます。

紛らわしいですが気をつけてください。(カートンとは20個セットの箱のこと)

《くちばしの折り線》
天面にはくちばしが折れやすいように最初から線が入っています。
この位置の違いを 同じように数個並べて探してみましょう。
赤色を黄色の境目に線が入っているのでその境目と色の境目部を基準にすると見分けやすいでしょう。

《インク》
別ラインで生産されていると言うことは当然インクの補充も別々です。
同じ色に見ても微妙に色に差が出ることがあります。
天面のくちばしの黄色や、印刷してある文字の太さなどがわかりやすいと思います。
しかし慣れないと識別は難しいかもしれません。

《包装フィルム》
包装フィルムには。はがす為に金色のテープのついた「あけくち」があります。
このフィルムを見て、テープの出具合や切り込みの入れ具合が、他のものと比べて若干違うものがあります。
この製品は当たりの可能性が高くなります。

《不慮の印刷ミス》
これは確率的にはかなり少ないですが、原盤の傷やゴミの付着によってインクの抜けや別な色の付着がまれに見つかることがあります。
非常にまれなことなので、見つかったらラッキー位に思って他方が良いです。
その他にも糊付け部のずれ、パッケージの折り目の位置、重ね合わせの量など細かい部分にいろいろな違いが現れることがあります。
ちょっとした違いも見逃さないように心がけましょう。
ここに挙げた例が必ずしもすべて現れるわけではありません。
製造時期や製造場所によって色の違いが顕著だったりバリ位置のずれが大きかったりします。
もちろん当たりはずれの見分けがつかないほど完璧に近いカートンも存在します。
いくつかのポイントを臨機応変に組み合わせて識別に役立てることが重要です。
私の場合、まずチョコボールがたくさんおいてあるお店を探します。
出来れば20個入りカートンごとおいてあるお店がベストです。
比較するためには数がいります。
これが前提条件です。
そして20個入りの大箱に入っている場合はそのまま。
ばら売りの場合は側面を見て賞味期限が同じものだけをなるべくたくさん揃えて持ちます。
そして天面のバリの位置、くちばし部分の黄色の色の違いを見ます。
チョコボールの断面図や缶詰の色、キョロちゃんの顔色もみます。
持つ角度をいろいろ変えながら見ると色の違いはわかりやすいようです。
それでもわからないときは側面の印刷を見比べます。
賞味期限をチェックすることは非常に重要です。
新しいカートンだと思って識別をし1つだけ特徴的なものが見つかっても、実は売れ残った数個を新しいカートンに入れ直して販売されていることが多いのです。
そうなると見分けるが非常に困難になります。
製造時期が違うはずれの箱が1つだけ混ざっていることによって非常に際だった特徴が現れるのです。
賞味期限は必ずチェックし同じもの同士を比較するようにしましょう。
ここまでいろいろ説明していましたが、近年ではメーカー側でも対策がなされ複数のラインで作られたものを1つのカートンに詰めるなどしてはずれ同士でも違いが現れる現象が出てきています。

それにより当たりと思って買ってもはずれることが多くなってきました。
そのような対策に惑わされず当たりを引き当てることは困難ですが上記の識別方を使えば何も考えずに買うよりは遙かに高い確率でエンゼルを引き当てることが出来るはずです。

5〜6年前にこの方法を発見したのですがそのころは違いがはっきりとしていました。
ほぼ100発100中で当てることが出来ました。
年々印刷の制度が上がってきた為今では100発100中とは行きませんが怪しいと思うものは買わずに確実に「これ
だっ!」と言うものだけを買えば今でもかなりの確率で当てることが出来ます。
手っ取り早く当てたいのでしたら、確率は下がりますが怪しいと思ったものはどんどん買った方がいいでしょう。
金のエンゼルについても触れておきます。
金のエンゼルは本当に滅多に当たりません。
噂では25〜50カートンに1個(500〜1000個に1個)とも言われております。
それに比べて銀のエンゼルは比較的よく出現します。
だいたい1カートンに2〜4個はあるようです。
余談ですが縁起ものキョロちゃんも原理は同じでした。
この方法を踏まえ、自分なりに工夫してチャレンジしてください。
良い結果が出ることをお祈りしています。

↓クリックしてくださいね!
人気Blogランキング


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔